音楽vol.6 『Be the light』-ONE OK ROCK

この記事をシェアする


どーも。

ポンポンライスです(*^^)v

 

さてさて、最近はコロナだけでなく様々なところで災害や大きな事故が多く起きている気がします。

今週でいえば北海道では50年に1度と言われる大雨、レバノンでは約150人もの死者と5000人ほどの負傷者を出す大爆発が起こりました。

 

その他にも九州では土砂崩れ、東京都以外でもコロナウイルスが再び爆発的に増えてきてしまったり…

 

正直、悲しい出来事ばかりです。

 

なので今日は、自分ではどうしようもない様な事が起きた際に、ぜひ聞いてほしい曲を紹介させていただきます。

 

今日ご紹介する曲は、

ONE OK ROCK(ワンオク)の『Be the light』です!

日本語訳では『光になれ』になりますね。


ONE OK ROCK - Be the light [Official Music Video / English subtitles]

『Be the light』

2013年に発売されたワンオクのアルバム『人生×僕=』に収録されています。

ちなみにアルバムの読み方は「人生かける僕は」です(笑)

 f:id:hricework3824:20200809092650j:plain

作ったきっかけ

この曲は2011年に起こった東日本大震災で被災した方々に対して作られた曲とされています。


ONE OK ROCK「Be the Light」【東日本大震災】

 

実際にライブでは、この曲を演奏するときに東日本大震災のことを話題に出すことが多いです。また、インスタグラムでも3月11日には必ず『Be the light』と投稿としています。

f:id:hricework3824:20200809094111j:plain

 

それでは曲はどのような内容なのでしょうか?

 

歌詞の意味

ワンオクは日本のアーティストですが、海外でも活躍しているアーティストでもあり、最近の曲は歌詞のほとんどが英語だったりします。

今回の『Be the light』もその曲の一つなので、和訳入りの動画を載せておきますね。

ライブ映像と同時に見てみてください。


ONE OK ROCK - Be The Light 和訳 LIVE ver.

 

 時間は進む

サビの終盤、

Time won't stop

So we keep moving on

 

(時は止まらない

だから僕たちは進み続ける)

 

引用:「Be the light」作詞/taka

辛いことがあっても時間は進み続けます。

時間が進むのなら、私たちも前を向かないといけない、ということです。

 

絶望から希望へ

同じくサビの終盤、

Yesterday’s night turns to light
Tomorrow’s night returns to light
Be the light


(昨日の夜は光へと変わり

明日の夜も光に戻っていく

輝け)

 

引用:「Be the light」作詞/taka

希望を持ち、光をまつのではなく、光になることで、周りを照らすことができる。考え方を変えて、希望をもって生きようというメッセージです。

 

忘れていいこととダメなこと

曲の最後ではtakaの語り掛けがあります。

Some days just pass by and

Some days are unforgettable

We can’t choose the reason why

But we can choose what to do

From the day after

So with that hope

with that determination

Let’s make tomorrow

A brighter and better day

 

(ただ過ぎ行くだけの日々もあれば

忘れることのできない日々もある

理由までは選べないけれど

明日から何をすべきかは選ぶことができる

だから希望と

決意を抱いて

明日を輝くような素敵な日にしていこう)

 

引用:「Be the light」作詞/taka

ここにワンオクが伝えたいことが詰まっているのかなとは個人的に思います。

 

最後に

いかがだったでしょう。

英語なので歌詞がすっとは入ってこないかもしれませんが、歌詞を知ると、ストレートに言い歌詞ではないでしょうか?

 

ワンオクロックには他にもたくさんの良い曲があります。

良かったら聞いてみてください。

 

では、これにて(^-^)

コメントもお待ちしております。