映画vol.7 『チョコレートドーナツ』

この記事をシェアする

どーも。

ポンポンライスです(*^^)v

暑い日が続きますね。

みなさん、どの様にお過ごしでしょうか?

湿度も高いので、コロナだけでなく、熱中症にも気を付けていきましょう。

 

さて、今日ご紹介する映画は、

『チョコレートドーナツ』です。

高い評価を受けている映画なので、知っている方も多いでしょう。

受賞歴はないものの、のちに名作と呼ばれるようになった作品です。

大人になったら一度は見ておくべき作品だと思います。

見る際は必ずハンカチ、ティッシュをそばに置いておくことを推奨します。

『チョコレートドーナツ』を見るならU-NEXT!!

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『チョコレートドーナツ』

監督:トラヴィス・ファイン

公開:2012年

キャスト:アラン・カミング、ギャレット・ディバラント、アイザック・レイヴァ他

あらすじ

ショーダンサーのルディは、ゲイであることを隠して生きる検事局の男性ポールと恋に落ちる。ルディはアパートの隣室に暮らすダウン症の少年マルコのことを気にかけ、彼の母親が薬物所持で逮捕されたことから、ポールと一緒にマルコを引き取ることにするが…。


映画『チョコレートドーナツ』予告編

1970年代の米国・ブルックリンで実際にあった話を映画化育児放棄されたダウン症児を家族に迎え入れるため、法や社会と戦うゲイカップルの、揺るぎない愛と絆が見所!!

ここがおススメ!

実話に基づいた人種差別のリアルを描く

今ではLGBTQの理解が進んできてはいるものの、やはりまだどこかに残る偏見。

この映画は約8年前の作品で、1970年代のアメリカのリアルを描いていますが、現在とは大違い。

ひどい偏見の中で強く生き抜く主人公のルディとポールの姿がかっこよく、かつリアルに描かれています。

強い愛と絆

ダウン症の子供、マルコを引き取ったルディとポール。マルコを1人の個性をもった人間として公平に扱う2人のカップルの姿は、現在にも残る差別的な考えをもつような人たちに強いメッセージ性があります。

f:id:hricework3824:20200805084000j:plain

最後に

今はだいぶ収まってきたアメリカの黒人差別の事件。

人種や障がいに対する考え方は改善方向には向かっていますが、それでも、そういった差別がゼロになることはおそらくないでしょう。

それでも、理解しようと現実に目を向けることはとても大切なことです。

そのきっかけになるこの映画『チョコレートドーナツ』。

ぜひ、見てみてください。

 

では、これにて(^-^)

コメントもお待ちしております。